• Nijo Castle - Great Eastern Gate / Peter Lee / CC BY-NC-SA; https://flic.kr/p/8kY3pD

寄付案内

世界考古学会議第8回京都大会への寄附のお願い

 

拝 啓

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。世界考古学会議第8回京都大会開催にあたり、格別のご高配をたまわり、深く感謝申し上げます。このたび、改めて大会開催にあたり、寄附にご協力いただきたく、お願い申し上げます。

世界考古学会議第8回京都大会は、平成28年(西暦2016年)8月28日から9月2日にかけて、同志社大学今出川キャンパスをメイン会場として、日本学術会議と共同で主催する考古学の国際会議です。世界考古学会議は、考古学の研究成果発表だけではなく、世界遺産をはじめとする文化遺産の保存や活用について議論する世界最大の国際会議で、日本では初めて開催されます。会期中、考古学や文化遺産に関する公開講演会や、考古学とアートが融合した新しい形の展覧会など、市民の方々に広く開かれた催しも実施いたします。

この会議では、約70ヶ国から1500人ほどの研究者・企業関係者・学生が京都に集います。参加者は欧米各国だけではなく、アジア、中南米、アフリカからの参加者も多く参加します。特に、開発途上国の文化遺産の保護・活用と考古学研究の充実をはかるために、開発途上国からの大会参加者には少なからぬ経済的支援を行います。この会議では、文化遺産の保護・活用や考古学研究に従事する世界中の専門家が市民の方々とともに、災害や戦争などから人類の遺産である遺跡や文化遺産をまもり、未来に生かしていく方策を探りたいと考えます。

つきましては、何かとご出費の多い折から、まことに恐縮に存じますが、世界考古学会議第8回京都大会の開催趣旨をご高察のうえ、格別のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

なお、当大会への寄附金につきましては、日本政府観光局(JNTO。旧独立行政法人国際観光振興機構) の寄附金交付金制度の適用による特定寄附金の扱いを受けていることを申し添えます。

平成27年12月

特定非営利活動法人WAC Japan
世界考古学会議第8回京都大会実行委員会
代表理事・委員長 都出比呂志


寄附金のお申込み方法

 

寄附金お申込みの場合は、ご面倒ですが「寄附金申込書(様式第5号)」に必要事項をご記入の上(「申し込み日」と「支払い予定日」を必ずご記入ください)、下記までご郵送ください。寄附していただく金額はご自由にご指定ください。

 

WAC寄附金申込書ダウンロード

 

申込書送付先:
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10F
独立行政法人国際観光振興機構 コンベンション誘致部開催支援グループ
担当:山田 TEL:03-3216-2905

折り返し、当機構から寄付金申込受理書をお送りします。寄附金払込みは、必ず受理書到着後に、受理書に記載されている指定の寄附金払込口座にお振込みください。入金が確認されますと、当機構から領収書をお送りします。領収書は所得税・法人税の課税優遇措置を受ける際に必要となりますので、大切に保管してください。

お振込みは平成28年8月27日(土)までにお願いいたします。ご寄附いただいた寄附金は当機構から世界考古学会議第8回京都大会実行委員会に交付されます。

 

WAC寄附金申込方法説明書ダウンロード

 

WAC寄附金課税優遇措置説明書ダウンロード

 

独立行政法人国際観光振興機構は法人税法施行令第77条及び所得税法施行令第217条により「公益の増進に著しく寄与する法人」(特定公益増進法人)に指定されています。JNTOへの寄附は、一般寄附金ではなく、特定寄附金に指定されており、個人・法人ともに次のような税制上の優遇措置が受けられます。

法人税・・・一般寄附金の損金算入限度額とは別枠で次の額を限度として損金に算入する。

損金参入限度額 = (資本金等額×0.375%+所得額×6.25%)×1/2

 

所得税・・・「その年に支出した寄附金の合計額」あるいは「その年の総所得金額の40%相当額」のいずれか低い方の金額から 2 千円を引いた金額が控除対象