• Nijo Castle - Great Eastern Gate / Peter Lee / CC BY-NC-SA; https://flic.kr/p/8kY3pD

Accepted sessions list

Accepted sessions list

T01 | T02 | T03 | T04 | T05 | T06 | T07 | T08 | T09 | T10 | T11 | T12 | T13 | T14 | T15 |
Theme list | Session organizers index |

T01. Archaeology and Development / Peter G. Gould

T01A / Symposium
考古遺産管理、持続可能な開発、観光振興−問題と討議−
V. Selvakumar, Jahan Shahnaj Husne, Yo Negishi and Kaushik Gangopadhyay

T01B / Symposium 
鉱山開発・資源・開発と先住民族の文化遺産−成功事例・失敗事例と最悪の事例−
Keiichi Omoto, Junko Habu and Claire Smith

T01C / Symposium 
パブリック、コミュニティ、考古学者、開発
Peter Gould and Tim Schadla-Hall

T01D / Forums 
新興経済における商業考古学−先進経済からの教訓−
Caleb Adebayo Folorunso and Ian Lilley

T01E / Symposium 
先住地における開発
Jordan Ralph, Quentin Agius and Kylie Lowe

T01-F / Symposium 
野外考古学実習(フィールド・スクール)の社会的・経済的影響について考える
Brent Lane, Ivan Vasilev and Ran Boytner

T01G / Forums 
考古学と持続可能な開発−何が作用し、何がそうでなく、データはいったいどのようなものなのか?−
Paul Burtenshaw , K.H.J. Boom and Luis Jaime Castillo Butters

T01H / Forums 
開発からの恩恵−考古学者にとっての挑戦−
Arlene K. Fleming and Elsa Chang

T01I / Symposium 
開発経済の圧力下にある考古学と持続可能な考古遺産マネジメント−記録保存から活用へ−
Yoshio Negita, Jean-Paul Demoule and Laurent Nespoulous


T02. Politics / John Carman and Hilary A. Soderland

T02A / Forums 
搾取と置換に対して−考古学と社会的ムーブメントからの批判と代替策−
Bryan Cockrell, María Florencia Becerra and Edith Ortiz Díaz

T02B / Symposium
渦中の考古学−扇情的に扱われる考古遺産−
Athena Hadji and Zoe Kontes


T03. Post-colonial Experiences, Archaeological Practice and Indigenous Archaeologies / Uzma Z. Rizvi and Hirofumi Kato

T03A / Symposium 
ポスト植民地時代における建造物とそれが形作る環境の分析
Marta Lorenzon and Jessica Nitschke

T03B / Symposium 
考古学と資本主義のフロンティア
Andrés Zarankin and Alejandro Haber

T03C / Symposium 
ポスト」コロニアルな世界での考古学の実践−フィールド・産業・学問での経験−
Veronica Perez Rodriguez, Akira Igarashi and Kelley Hayes-Gilpin

T03D / Symposium 
考古学的理論および実践、そして先住民コミュニティとの関係
Patricia Ayala, Daniella Jofré and Fernanda Kalazich

T03E / Symposium 
蒐集の歴史と蒐集の未来—博物館、文化復興、返還—
Carl-Gösta Ojala, Birgitta Fossum and Eeva-Kristiina Harlin

T03F / Symposium 
シンポジウム「(ニューヨーク)アフリカ人埋葬地からの展開へ」II−黒人離散という過去の回復と解釈−
Michael L. Blakey, Autumn R. Barrett and Grace Turner

T03G / Symposium 
アートと創造的媒体における返還−返還に対する批判的・創造的対応−
Cressida Fforde, Julie Gough and Neil Carter

T03H / Symposium 
再埋葬アーカイヴ
Gavan McCarthy and Tim McKeown

T03I / Symposium 
返還がもたらす効果−癒しと幸福−
Cresside Fforde, Honor Keeler and Steve Hemming

T03J / Symposium 
収奪の世界的ネットワーク−19世紀と20世紀に起きた世界的な遺骨・文化遺産収集を問う−
Amber Aranui, Zacharys A. Gundu, Paul Turnbull and Cressida Fforde

T03K / Symposium 
返還、アイデンティティ、そして未来への交渉
Hemming Steve, Sumner Major and David Ned

T03L / Symposium 
返還・再埋葬とその展開、過程そして課題
Dorothyr Lippert and Jayne-Leigh Thomas

T03M / Symposium 
返還・再埋葬における先住民の経験と歴史
Wendy Teeter, Dorothy Lippert, Daryle Rigney and Ned David

T03N / Symposium 
世界的な動向−返還に対する世界各地の事例からの反響−
Tim McKeown and Amber Aranui

T03O / Symposium 
「博物館とコミュニティとの協業:返還に関する共有された考察」
Mike Pickering and Major Sumner


T04. Archaeological Ethics: Where Are We Now? / Anne Pyburn, Joanne Farchakh Bajjaly’s and Marcia Bezerra

T04A / Symposium 
考古学におけるインクルーシブなデータ管理と共有
Yasuhisa Kondo and Eric Kansa

T04B / Workshop 
考古学の倫理的実践における欠点−我々は何をしてゆくのか?−
Anne Pyburn, Joanne Farchakh Bajjaly and Marcia Bezerra

T04C / Workshop 
考古学、民族間関係と平和構築
Aida Abdykanova, Anne Pyburn and Marcia Bezerra

T04D / Symposium 
開かれた考古学−遺産を共有することの倫理−
Doug Rocks-Macqueen and Joshua Wells

T04E / Symposium 
考古学と人権
Quetzil Casteneda and Anne Pyburn

T04F / Symposium 
デジタル生物考古学−新たな観点・方法・倫理−
Brenna Hassett, Carolyn Rando and Emmy Bocaege

T04G / Symposium 
現代の考古学的実践におけるジェンダー−バイアスの同定と解決策の提示−
Peter Stone and Anne Pyburn

T04H / Symposium 
開かれた倫理−WAC8で明らかになる課題−
Alexander Herrera and Zacharys Gundu

T04I / Forum 
コスモポリタニズム、ポストコロニアリズム、アイデンティティ−考古学における倫理が示唆するもの−
Cherrie De Leiuen  and Eleanor King

T04J / Symposium 
考古学における倫理−有言実行−
Alexander Herrera and Makoto Tomii


T05. Comparative Archaeologies in the Globalized World / Kunihiko Wakabayashi

T05A / Symposium 
考古学における手工業生産
Lisa Kealhofer, Peter Grave and Miriam Stark

T05B / Symposium
子供にとっての考古学を比較する
Robin Derricourt and Jody Joy

T05C / Symposium
先史時代の島嶼部における人類(ホモサピエンス)の影響—世界的視野から見て−
Hiroto Takamiya and Scott Fitzpatrick

T05D / Symposium 
都市の比較考古学−京都から世界へ−
Kunihiko Wakabayashi and Kunikazu Yamada

T05E / Symposium 
環濠集落(エンクロージャー)—人を分け隔て、繋ぎ止める—
Jan Turek and Ndukuyakhe Ndlovu

T05F / Symposium 
移住の考古学
Joseph Mangut, Dante Angelo, Kaushik Gangopadhyay, Joanna  Dębowska-Ludwin, Mariam I. Al-mulla and Miroslava Surinova

T05G / Symposium 
世界の考古学者発掘
Kenneth Aitchison and Katsuyuki Okamura

T05H / Symposium 
食糧、アイデンティティ、選択—過去の社会変化を探るための食性研究−
Jennifer Bates, Xinyi Liu and Cameron A. Petrie

T05I / Symposium 
長期持続におよぶ社会変化の動態—比較考古学的視点と「Seshat—世界史データバンク—」プロジェクト—
Thomas Currie and Arkadiusz Marciniak

T05J / Symposium 
地域と世界の塩業考古学
Marius Alexianu, Takamune Kawashima, Olivier Weller, Robin Brigand and Felix-Adrian Tencariu

T05K / Symposium 
辺境—厳しい環境下での社会と経済—
Teresa Raczek, Prabodh Shirvalkar and Atsushi Noguchi

T05L / Symposium 
民族考古学の事例研究
Ryuzaburo Takahashi and Glenn Summerhayes

T05M / Symposium 
戦いの中での子供の経験
Kirsty Squires and Caroline Sturdy Colls

T05N / Symposium 
先史時代の人口・生業の変化を理解する
Enrico R. Crema, Junko Habu, Marco Madella and Oki Nakamura

T05O / Symposium 
墳墓と社会複雑化—比較考古学の視点—
Ken’ichi Sasaki and Shin’ya Fukunaga

T05P / Symposium 
奇異のまなざし、理解の不足、関心の無さ—学際的な考古学的調査の諸問題—
Naoko Nakamura and Maria Shinoto

T05Q / Symposium 
熱帯湿潤地域の初期農業は何が違うのか
Cristina Castillo, Alison Crowther and Huw Barton


T06. Regional Archaeologies in the Globalized World / Gustavo Politis

T06A / Symposium 
適応とレジリエンス:インダス文明の新しいパラダイム
Carla Lancelotti, Cameron A. Petrie and Marco Madella

T06B / Symposium 
南アメリカにおける剥片石器分析の応用
Bruce Bradley and Mercedes Okumura

T06C / Symposium 
グローバル世界におけるカリブ考古学
Mirjana Roksandic, Ivan Roksandic and Basil Reid

T06D / Symposium 
大小の島嶼世界−メラネシア考古学−
James L. Flexner, Mathieu Leclerc, Edson Willie and Lawrence Kiko

T06E / Symposium 
世界の考古学的アプローチに対する南米考古学の貢献
Mariano Bonomo, Sonia Archila and Christine Hastorf

T06F / Symposium 
IHOPEセッション−水の管理と食料安全保障−
Paul Sinclair, Paul Lane, Innocent Pikirayi and Angus Graham

T06G / Symposium 
アジア考古学における歴史生態学
Stephen Murphy, D. Kyle Latinis and Ea Darith

T06H / Symposium 
アジア・太平洋地域における海事考古学研究動向
Jun Kimura, Bill Jeffery and Bobby Orillaneda

T06I / Symposium 
太平洋島嶼部の景観変容のパターンとプロセス
Toru Yamaguchi and Barry Rolett

T06J / Symposium 
青銅器・鉄器時代のユーラシア草原地帯における馬:考古学、図像、神話
Valeriu Sirbu, Cristian Schuster and Diana Gergova

T06K / Symposium 
証拠としての貝塚−文化・形成・機能−
Rita Scheel-Ybert, Mirjana Roksandic and Silvia Reis

T06L / Symposium 
玉と玉器−国を越えて結ぶアジアの考古学−
Yukishige Hirose, Xiaoli Qin and Yasuyuki Yoshida

T06M / Symposium 
周縁地域の適応様式—日本列島における国家形成期の多様な反応—
Kazuaki Yoshimura, Maria Shinoto and Yuki Iwahashi

T06N / Forums 
東アジアの初期稲作と文明化—国際的・学際的な調査の有効な統合に向けて—
Leo Aoi Hosoya, Dorian Fuller, Hong Xu and Shin’ichi Nakamura

T06O / Symposium 
太平洋地域における第二次世界大戦−多文化考古学の対立−
Neil Price and Rick Knecht

T06P / Symposium 
アジアからの移民をめぐる考古学
Koji Ozawa, Laura Ng and Kaori Akiyama

T06Q / Symposium 
アジアにおける先史時代の狩猟採集民と周辺諸集団との相互交流
Kazunobu Ikeya and Sakkarin Na Nan

T06R / Symposium 
開拓段階から二次的入植段階にかけての狩猟採集民による人や物の移動
Kazunobu Luciano Prates, James Steele, Lucas Bueno, Silvia Reis, Noriko Seguchi and Anna Prentiss

T06S / Symposium 
中央ユーラシアにおける考古学調査の最新動向
Shogo Kume, Aida Abdykanova, Toshio Hayashi and Shu Takahama

T06T / Symposium 
考古プロジェクトの世界的なインパクトと意義
Simon Kaner, Koji Mizoguchi and Sam Nixon

T06U / Symposium 
周辺地域における窯焼成土器受容の背景
Tomoko Nagatomo and Dae Youn Cho

T06V / Symposium 
世界的視野からみるガンジス平原の農耕の起源
Manoj Singh and Luiz Oosterbeek

T06W / Symposium 
環太平洋文明社会の比較と環境史
Yoshinori Yasuda and Guodong Li

T06X / Forums 
若手研究者によるラテンアメリカ考古学の新たな展望:グローバル化のなかで
Daniel Dante SAUCEDO SEGAMI and Akira Ichikawa

T06Y / Workshop 
アンコール(カンボジア)の調査情報の共有
Susumu Morimoto and Tin Tina

T06Z / Symposium 
二つの島と二つの考古学的語り−北海道と琉球諸島−
Hirofumi Kato  and Hiroto Takayamai


T07.  Education: Learning and Unlearning / Claire Smith and Neel Kamal Chapagain

T07A / Symposium 
みんなを教育する−デジタル考古学を教えるための新しいアプローチ−
Philip Verhagen and Yasuhisa Kondo

T07B / Debate 
考古学における学術教育と教員公募
Lolita Nikolova and Alexandra Comsa

T07C / Forums 
『排除された過去−教育における考古学の役割−』からのあゆみ‐私たちは今、どこにいて、どこへ向かおうとしているのか‐
Mizuho Ikeda, Peter Stone and Masakage Murano

T07D / Symposium 
オンライン考古学:強力な教育・学習ツールとしてのインターネット
João Carlos Moreno de Sousa and Kamani Perera

T07E / Forums 
教育の起源
Lucy Johnson, Mariana Sacchi and Benedicta Mangut

T07F / Symposium 
マイノリティ集団のための教育
Paulette Steeves and Jasmine Willika

T07G / Forums 
WAC学生委員会フォーラム−国際的な文化遺産におけるキャリアについて−
Marta Lorenzon and Kate Ellenberger

T07H / Symposium 
考古学的物質の提示、表現、再現
Michael Carrasco and Joshua Englehardt


T08. The Public, Heritage and Museums / Akira Matsuda and Alicia McGill

T08A / Debate 
変わりゆく世界の考古学と文化遺産−21世紀における市民にとっての現在、そして未来の学問的意義とは−
Christopher Prescott, Anders Högberg and Guttormsen Torgrim Sneve

T08B / Forums 
文化遺産にとっての別の未来像
Rodney Harrison, Cornelius Holtorf, Sefryn Penrose and Sarah May

T08C / Forums 
海洋考古学における融合−共有の文化遺産を文化間の往還を通じて理解・研究・保存するための新視点−
Arturo Rey da Silva and Abhirada Komoot

T08D / Workshop 
文化遺産官僚と文化エリート−理論的・実践的視点−
Claudia Liuzza, Plets Gertjan and Maria F. Escallon

T08E / Symposium 
より良い考古学を、見せることと実行すること
L. Meghan Dennis and Karen Martin-Stone

 Cancelled T08F / Forums 
大衆娯楽における考古学の発展
Karen Martin-Stone and L. Meghan Dennis

T08G / Symposium 
隠れた宝−博物館コレクションについての革新的な考古学調査
Robin Torrence and Mara Mulrooney

T08H / Symposium 
ギャップにご注意!アートに関する考古学における科学的アプローチと一般的興味のギャップに橋を架ける
Danae Fiore and Ines Domingo

T08I / Symposium 
都市の文化遺産とその持続可能性
Siobhan Hart, Katherine Dillon, Valerie Higgins, James Dixon and Kidong Bae

T08J / Symposium 
文化遺産の教義におけるポリシーと実践−ミッシング・リンクを求めて
John Ugwuanyi, Harald Fredheim and Steve Brown

T08K / Symposium 
水中文化財遺産のマネジメントにおける国際的観点
Yoshihiko Akashi and Martijn Manders

T08L / Symposium 
現代社会における墳墓のマネジメント
Gen Miyoshi, Naima Benkari, Kazuyuki Yano and Megumi Takimoto

T08M / Symposium 
コミュニティの考古学がもたらす文化遺産に関する実践の変化
John H Jameson and Musteata Sergui

T08N / Symposium 
考古学的文化遺産の保存における今日の傾向
Musteata Sergui and Corina Borș

T08O / Symposium 
文化遺産に関する試み−過去は現代化しうるか?
Vladimir I. lonesov and Rama Krishna Pisipaty

T08P / Symposium 
文化遺産と社会変革
Jesús Fernández, Alexander Herrera, Oscar Navajas Corra and Carmen Pérez Maestro

T08Q / Symposium 
発展途上国におけるパブリック・アーケオロジーとその実践
Daniel Dante Saucedo Segami and Naotoshi Ichiki

T08R / Forums 
文化遺産マネジメントにおける倫理を通文化的概念に絡めて考える
Alexis Bunten and Sergiu Musteata

T08S / Symposium 
現代の南アジア諸国における考古学と文化遺産
Atsushi Noguchi and Muhammad Zahir and Tomokatsu Uozu

T08T / Forums 
ユーラシアにおける考古学的文化遺産に対する文化政策
Annie Chan, Steve Renette and Alexander N. Popov

T08U / Symposium 
壁画古墳の挑戦−保存と活用−
Toru TATEISHI and James Scott LYONS

T08V / Symposium 
文化遺産に対する実践
Kola Adekola,  Abidemi Babatunde Babalola and Oluseyi Agbelusi


T09. Theory for the Future / Cornelius Holtorf and Güneş Duru

T09A / Symposium 
記憶・アイデンティティ・考古学的遺産−過去の再領有化における文化的な範囲と今日の実践−
Paulina Faba, Marie-Areti Hers and Victoria Castro

T09B / Forums 
新奇への誘惑か既知の安全か−考古学からみた革新と保守−
Shinya Shoda and Frieman Catherine

T09C / Symposium 
感覚考古学の未来とは?
José Roberto Pellini and Dragos Gheorghiu

T09D / Symposium 
民族考古学を論じる
Stefano Biagetti, Arthur J. W. Kathryn, Zurro Hernandez Debora and Jorge Caro Saiz

T09E / Symposium 
考古学的な証拠の意味をどのように解釈すべきか?
John C Barrett and Crossland Zoe

T09F / Symposium 
ジェンダー/セクシュアリティ考古学: −われわれはどこに立ち、どこへ向かうのか−
Jun Mitsumoto, Naoko Matsumoto and Mary Weismantel

T09G / Symposium 
人新世のための理論
Daniel Niles, Sander van der Leeuw, Jurgen Renn and Junko Habu

T09H / Symposium 
耳を傾ける考古学
Alice Kehoe, Peter Schmidt and Innocent Pikirayi

T09I / Symposium 
時間の考古学
Miriam Domínguez and Neill Wallis

T09J / Symposium 
考古学は現象学的な時期を経たのか?
Julian Thomas and Ruth Van Dyke

T09K / Symposium 
暴力の考古学に関する新しい視点
Mark Hudson and Rick Schulting

T09L / Symposium 
感情に関する考古学と感情考古学
Baxter Jane, Nowell April and Halcrow Sian

T09M / Symposium 
シンポジウム「(ニューヨーク)アフリカ人埋葬地からの展開へ」㈵−認識論、倫理、アイデンティティ−
Michael L. Blakey, Autumn R. Barrett and Grace Turner


T10. Science and Archaeology / Robin Torrence

T10A / Symposium 
骨と社会−動物考古学と社会考古学の統合に向けて−
Christian Gates St-Pierre, Alice Choyke and Salima Ikram

T10B / Symposium 
土器と文化財科学
Sarah Kelloway, Iñañez Javier and Hector Neff

T10C / Symposium 
出産、母、乳幼児−生物考古学的評価−
Sofija Stefanovic and Gwenaëlle Goude

T10D / Symposium 
ジオアーケオロジーの新展開
Tara Beuzen-Waller, Yasuhisa Kondo and Friederike Stock

T10E / Symposium 
いくばくかの予算でデジタル考古学をする−考古学のための低コストなデジタル・ソリューションの開発と応用−
Philip Verhagen  and Yasuhisa Kondo

T10F / Symposium 
サイバー考古学−シミュレーション、大量データとそれを越える次なるもの−
Maurizio Forte, Thomas Levy, Sarah Kenderdine and Miaole Hou

T10G / Symposium 
道具と痕跡−狩猟採集社会における使用痕と残滓−
Shoh Yamada, Atsushi Sawada, Richard Fullagar and Alfred Pawlik

T10H / Symposium 
モデルベースの考古学における実証的な挑戦
Enrico Crema, Fabio Silva and Xavier Rubio-Campillo

T10I / Symposium 
社会復元のための金属考古学−地域社会の中および地域社会間における金属の果たす役割−
Mark Pollard, Shadreck Chirikure, Junko Uchida, Changping Zhang and Yoshiyuki Iizuka

T10J / Workshop 
酸素同位体比年輪考古学のワークショップ
Takeshi Nakatsuka, Chenxi Xu and Katsuhiko Kimura

T10K / Symposium 
古人骨研究への鍵−いかにして人骨研究は過去を理解することに貢献できるのか−
Hiroko Hashimoto and Carolyn Rando

T10L / Symposium 
低湿地・湖沼の考古学の多様なアプローチ−ニッチの共生から人新世へ−
Tony Brown, Naoto Yamamoto and Hidetaka Bessho

T10M / Symposium 
植物に関連した行為を示す人類マーカー−植物考古学2.0−
Debora Zurro, Luis Barba, Alessandra Pecci and Carla Lancelotti

T10N/ Symposium 
完新世の土地利用−人間の土地利用の動態史を理解するための重要な評価
Marco Madella,  Thomas Foster and Stefano Biagetti

T10O / Symposium 
アジアにおける古病理学−
Hisashi Fujita and Dong Hoon Shin

T10P / Forums 
古代の食性や食の実践を復元する分析科学の多様な証拠
Ayako Shibutani and Oliver Craig

T10Q / Symposium 
過去の人間行動を高解像度で読み解くための多面的アプローチ
Francesca Romagnoli, Yoshihiro Nishiaki, Florent Rivals and Manuel Vaquero

T10R / Symposium 
考古遺伝学の技法
Jan Storå, Mehmet Somel and Anna Kjellström

T10S / Forums 
食料,料理,食性−方法と理論の統合に向けて−
Ayako Shibutani, Oliver Craig and Shinya Shoda

T10T / Symposium 
東アジアにおける狩猟採集と農耕の狭間−微妙な中間期に対する植物考古学の貢献−
Gary Crawford, Hiroo Nasu, Shinya Shoda and Gyoung-Ah Lee

T10U / Symposium 
社会変化と気候変動
Takehiko Matsugi, Takeshi Nakatsuka and Hyeong Won Lee

T10V / Symposium 
ロボットを利用した水中考古学
Ken’ichi Yano, Sadao Kawamura and Michel L’Hour

T10W / Symposium 
シンポジウム「(ニューヨーク)アフリカ人埋葬地からの展開へ」㈽−アフリカ系アメリカ人の起源:新たな遺伝学的技術,方法,課題−
Michael L. Blakey, Autumn R. Barrett and Grace Turner


T11. Religion and Spirituality / Timothy Insoll

T11A / Symposium 
世界の聖なる遺跡・景観の文化的多様性に関する探求
Terence Meaden and Maria Giuseppina Gradoli

T11B / Symposium 
イスラーム、土着化、文化遺産
Trinidad Rico and Rachel Ama Asaa Engmann

T11C / Symposium 
宗教遺産の国際比較−国際的な背景から見た沖ノ島および宗教の融合−
Simon Kaner, Miki Okadera and Sam Nixon

T11D / Symposium 
土地の創造
Gail Higginbotto and Thomas Whitley

T11E / Symposium 
南アジア・東南アジアにおける水と関わる芸術と建築に表れる宗教性・霊性
Amarjiva Lochan and Simona Chaudhry-Ferraro


T12. Interactions / Kristian Kristiansen

T12A / Symposium 
古代経済の貨幣制定
Anne Lykke

T12B / Symposium 
閾的(リミナルな)過去への、もつれ合った、多国籍的で多文化的なアプローチ
Louise Hitchcock and Stuart Tyson Smith

T12C / Symposium 
ユーラシア周縁域の国家形成における社会的相互作用の影響
Kazuo Miyamoto and Ellen Van Goethem

T12D / Symposium 
東南アジアにおける交易ネットワークの社会政治
Rory Dennison, Michael Canilao and Laura Junker

T12E / Symposium 
シルクロード−最初のグローバル化の痕跡−
Rainer Feldbacher, Guo Shengda, Saeedeh Mirzaei and Mohammad Ghamari Fatideh

T12F / Symposium 
ベンガル湾地域における相互交流の考古学
Kaushik Gangopadhyay,  Selvakumar Veeraswamy and Coline Lefrancq

T12G / Symposium 
インドネシアの南シナ海周辺における後期新石器時代から金属器時代における物と人の移動
Kazuhiko Tanaka, Eusebio Dizon and Rintaro Ono

T12H / Symposium 
歴史時代における東南アジアの貿易陶器に関するグローバルな視点
Kazuhiko Tanaka and Ellen Hsieh

T12I / Symposium 
東南アジア大陸部の東西文化通廊沿いの物品流通と国家
Mamoru Shibayama, Akiko Tashiro and Elizabeth Moore


T13. The Archaeology of Disaster: Exploring the Past for the Future / Katsuyuki Okamura, Nathan Schlanger and Makoto Tomii

T13A / Symposium 
公的機関の対応−災害からの復興と復興調査−
Charles Bello, Toshihide Ohmi and Tomokatsu Uozu

T13B / Symposium 
ラテンアメリカにおける危機にさらされた文化遺産の管理
Mario Rivera and Markus Reindel

T13C / Symposium 
福島からの声−自然災害と人災の最前線における考古学および文化遺産−
Yoshio Kikuchi and Nespoulous Larent

T13D / Forums 
火山灰考古学の方法論的取り組み
Gina L. Barnes and Tsutomu Soda

T13E / Symposium 
過去についての長時的な観察ネットワーク—過去・現在・未来の気候変動を理解するための古気候データおよび文化財をの活用—
Marcy Rockman, Tom Dawson, Junko Habu, Junzo Uchiyama, Margo Schwadron  and George Hambrecht

T13F / Symposium 
大災害の傾向、災害危機管理、そして持続可能な全世界の過去からの遺産
Serena Massa, Attoui Redha, Susanna Bortolotto, Makoto Tomii and Hidetaka Bessho


T14. Art and Archaeology  / Lila Janik, Peter J Matthews, Sahoko Aki and Kenichi Yano

T14A / Symposium 
岩絵の変化と継続
Paul S.C. Taçon, Inés Domingo and Sally K. May

T14B / Symposium 
アートの景観と景観のアート
Liliana Janik and Ekaterina Devlet

T14C / Symposium 
視覚芸術における認知と神経美学と創造性
Liliana Janik and Naoko Matsumoto

T14D / Symposium 
過去を蘇らせる—世界各地の岩絵に見られる物質文化描写の構成を探る—
Sally K. May, Joakim Goldhahn and Meg Travers

T14E / Symposium 
先史時代のアートを解釈する—コンテクスト、意味、機能—
Chris Gosden, Alistair Paterson Courtney Nimura and Peter Hommel

T14F / Symposium 

先史時代のアートを解釈する—コンテクスト、意味、機能—
Jennifer Kahn and Scarlett Chiu

T14G / Symposium 

枠組みを壊す—アートと考古学の実践—
Carolyn White and Ursula Frederick

T14H / Symposium 
アジアの岩絵における科学的研究の理論と方法
Saleem Shaik and Parth Chauhan

T14I / Symposium 
動物とアートと考古学
Thomas W. Wyrwoll and Terence Meaden

T14J / Symposium 
アート考古学—考古学者への刺激としてのアート−
Dragos Gheorghiu and Jose-Roberto Pellini

T14K / Symposium 
古代と中世のアートにおける異文化の同化と混交
Durga Basu, Alok Tripathi and Sergiu Musteata


T15. War and Conflict / Friedrich Schipper

T15A / Symposium 
アラブ世界の考古学的遺産・文化遺産に対するアラブの春の影響と効果
Ahmed Alsherif

T15B / Symposium 
奪われた砂漠の花嫁(パルミラ)の純潔—シリア内戦下の文化財の深刻なダメージと破壊—
Tushar Saha and Idun Yvonne

T15C / Forums 
戦闘、信心(宗教)、遺産とアイデンティティの問題
Caleb Adebayo Folorunso, Zacharys Anger Gundu and Gunes Duru

T15D / Workshop 
C地区での争い—ヨルダン川西岸地域の占有されたパレスチナ領での考古学—
Brian Boyd  and Hamed Salem

T15E / Symposium 
メディアを使うテロ、イスラミックステート、文化遺産
Claire Smith and Dima Chahin

T15F / Symposium 
危険にさらされる遺跡—喫緊の課題となる記録と保存—
Mariam Al-Mulla and Abigail Harrison Moore